低用量ピル 副作用

風草用について

 

 

服用するピルには多くの種類があり、それぞれ効果や副作用には個人差があります。

ピルの服用による副作用として多いのは、頭痛や吐き気、むくみや倦怠感などです。


いずれも体がピルに慣れてくるとおさまるので、数日でこのような症状は無くなることがほとんどです。

 

 

低用量ピル副作用!吐き気・眠気・頭痛など実際どうなの?

 

低用量ピルを服用できない人

 

ピルの服用には以下の人は注意が必要です。

 

 

1:高血圧、高脂血症の人

 

2:喫煙者

 

3:乳ガンや子宮ガン、子宮頸ガンの疑いがある人

 

4:原因が不明な性器出血のある人

 

5:血栓症の人、もしくは血栓症になったことがある人

 

6:35歳以上で1日に15本以上タバコを吸う人

 

7:前兆がある片頭痛もちの人

 

8:手術後や手術の予定がある人

 

 

上記の症状がある人は産婦人科や婦人科で診断を受け、医師へ相談することをオススメします。

 

喫煙には血栓症が起こりやすい傾向がみられるため、1日15本以上煙草を吸う人もピルの服用は医師に相談する必要があります。

 

また、妊娠中や授乳中の人にピルはあまり意味のない服用となってしまいます。